監督・撮影 Cameraman Director

img_3348吉田 泰三

学童保育の指導員時代に、小林茂監督との出会いから、自ら勤務する学童保育を舞台にした映画「こどものそら」(小林茂第1回監督作品2000年)を製作。その後、重症心身障害児施設を
記録した同監督作品「わたしの季節」(2003年完成、毎日映画コンクール受賞、文化庁長編記録映画大賞)に助監督・スチールカメラ担当として参加。そのロケの合間をぬってムービーを回し始める。
撮影作品にアフガニスタンを取材した「車いすアフガニスタンに行く」(2003年)、ベトナム・タイの障がい者を取材した「GO!FLY!」(2004年)。2006年にはケニアのストリートチルドレンを描いた「チョコラ!」(監督、小林茂)の撮影を担当。ちゃっかり、キリマンジャロも登頂。2003~4年には写真展「アフガニスタンを忘れないで」開催(7ヵ所)。
現在、障がいのある方々の介護ヘルパーとして働くかたわら、主に障がいのある人々やこども、家族を撮り続けている。
東日本大震災後、春と秋に福島県でボランティアをしながら取材と撮影を行ない、
普通の人々の声を集める。ドキュメンタリー映画、仮題「普通の生活」として年内の完成を目指して製作中。春に撮影した写真は、写真展「福島の春」として開催(札幌市、長岡市)。
1959年生まれ。札幌市在住。

Taizo Yoshida

is the cameraman, director and
producer of Ordinary Life. By meeting Mr. Shigeru
Kobayashi, we produced the movie “Kodomo-no-sora”
(Children’s Cosmos, 2000) when I worked for the after
school facility which became the setting in for the movie. I became an assistant director and still photographer for the movie “Watashi-no-kisetsu” (Our Seasons, 2003, awarded Mainichi Film Festival and 1st prize for the documentary film by the Agency for Cultural Affairs).
My products are ‘Wheelchairs go to Afghanistan’ (2003) taken in Afghanistan and ‘Go!Fly!’ (2004) taken in Vietnam and Thailand. In 2006, I was engaged in camera work for the film “Chokora” (directed by Shigeru Kobayashi) , documentary about the street children in Kenya.
I held photo shows in seven places named “Don’t forget Afghanistan”. Now I keep taking photos mainly on people with disabilities and children and families.
After the 3.11 disaster, I went to Fukushima in spring and fall for interview and shooting, ordinary citizens, while doing some voluntary works. The movie was completed in March 2012. Photographs taken in spring are shown as “Spring in Fukushima 2011” in some prefectures.