音楽監督・Music Director

Kawamura川村年勝

1947年、東京都足立区生まれ。

1970年代から日本ジャズシーンの中枢に関わる。

坂田明、古澤良治郎らのマネージメントや「サマーフォーカス・イン」、「ミッドナイト・ジャズ・イン」などの音楽イベントのプロデューサーとして活躍。アルバムのプロデュース作品は20作を超え、彼の関わったミュージシャンたちは今でもその輝きを失うことなく活躍している。

中でも1983年にプロデュースした「屈斜路湖ジャズフェスティバル」は、日本ジャズシーンにおける数多あるフェスティバルの中でも最高ランクの評価を得ており、歴史的に特筆されるものである。

1990年、コンサートの打ち上げ中に脳内出血で倒れ、一命は取り留
めるも左半身の自由を失う。現在もリハビリ訓練を受けつつ、徐々にシーンに復帰してイベント・プロデュースやCD制作を手がけている。
1998年、札幌・すすきのにライブハウス「チャド」をオープン。北海道内初の本格的ライブハウスとして大きな反響を呼び、連日著名なミュージシャンの出演でおおいににぎわいをみせた。

最近では長編記録映画「私の季節」の音楽を担当。同映画は第59回
(2004年)毎日映画コンクール記録文化映画賞を受賞。また翌年の
第3回文化庁映画大賞も受賞するなど、各方面で大きな評価を得た
作品である。

Toshikatsu Kawamura

Born in 1947 in Tokyo. Since 1970s he has beenin the center of jazz scene in Japan.

He was a manager to SAKATA Akira and FURUSARA Ryojiro and
produced the events ‘summer focus in’ and ‘mid-night jazz in’ , etc.

He also has produced more than twenty jazz albums for musicians who are leading jazz scene in Japan. In 1983 he produced the event ‘Kussharo Jazz Festival’ and it has been one of thegreatest live shows and well remembered in the scene of jazz in Japan.

In 1990 he got an attack of cerebral hemorrhage and paralyzed his left half. He has become active again while he is having rehabilitation treatment.

In 1998 he opened a live house ‘Chad’ in Susukino, Sapporo and almost every night well known musicians performed live shows.

Recently he was engaged in making music for the documentary movie ‘ Watashino-kisetsu’ that was highly praised.