普通の生活を作成・Making ‘Ordinary Lives’

スタッフ
監督・撮影:吉田 泰三
編集:小林真人「普通の生活」を作成
映画ができるまで
2011年福島原発の事故により、多量の放射能が放出された。監督・カメラの吉田
泰三は福島の知人の依頼もあり、4/15-5/5まで現地に赴き、地震後の片づけや物資運
搬などのボランティアをしながら、カメラを回した。原発から20キロ以内が封鎖さ
れる日の生々しい映像も撮影した。一般市民の人々に直接インタビューをしてお話
しを聞くという手法である。さらに9/6-16までは、監督と代表の吉田三千代が10日
間滞在して、その後の人々の様子を子どもたちの生の声を交えてお話しを聞いた。時間が経て線量は下がってきているが、福島にいることを決断するにも覚悟がいること、ごく当たり前の「子どもが外で遊ぶ」「四季のものを楽しむ」などの「普通の生活」が奪われてしまったことが浮かび上がる。線量計が音を立てる中、30時間の撮影をしたが、編集を経て80分バージョンにした。どのような立場の方にも見ていただける、静かで心にしみる映画となっている。
Staff
Director/Camerawork: Taizo YOSHIDA
Editor: Mahito KOBAYASHI
Music Director: Toshikatsu KAWAMURA
Composer/Player: Haruhiko SAGAHistory
Producer: NeighborsDue to the Nuclear Power Plant accident in Fukushima, a lot of radioactive materials were released. People in Fukushima have been struggling since then.
Taizo YOSHIDA stayed in Fukushima for 3 weeks in April. He took video while doing volunteer work. Also in together with Michiyo YOSHIDA, Neighbors’ chair, Taizo continued to film interviews of local
residents.
We interviewed more than 50 people including worried mothers and children, fathers in agony and teachers. We learned that ‘ordinary life’ was completely lost because of the accident.
30 hours of film was edited into an 80 minute documentary and the first showing took place in Sapporo on March 28 with an audience of more than 350.